正匠のスペック

外断熱・二重通気工法

高温多湿の鹿児島だからこそ壁内への配慮が大切。

家の中と外の境目である壁内は、室内外の温度差で生じる結露のため、カビが発生しやすい場所です。結露による湿気やカビは、柱など住宅の劣化、住む人の体調不良の元となり、快適な生活をおびやかす原因になります。

正匠では、壁内環境をできるかぎり良い状態で保つために、
壁内を空気が移動する二重通気工法を推奨しています。
夏は室内で冷やされた空気、冬は暖かい空気が壁内をぐるっと巡ります。
この特性を活かし、空気環境ごと外断熱で包み込み、室内を快適に保ちます。

空気の自然な流れを作るために、気密性にも高い基準を設けています。
これらのことが、床下から天井裏まで、
住む人と家にまで優しい温熱環境を作り出しています。

この「外断熱・二重通気工法」が正匠の家の「基準」となっています。

外断熱・二重通気工法

高気密性

省エネで体にも家にも優しい環境に。

正匠の家は、気密性の高い家です。室内環境を良い状態で保つために大切とされているのが、住宅の気密性です。
隙間の少ない高気密な家は、室内の環境がコントロールできる、体にも環境にも優しい住宅と考えられています。

メリットは、

  1. 気密性を二重通気工法との併用で高めることで、カビやダニの発生原因となる壁内の結露が起こりにくい。
  2. 冷暖房のロスが少なく、省エネで室内の温度を調整できる。
  3. 外気の湿気や乾燥に影響されにくく、室内では快適な空気環境が保たれます。
  4. 高気密の住宅は、静かさも特徴。周りの嫌な音も気になりません。
  5. 気密性を高め、24時間換気システムを導入することで、計画的に外の新鮮な空気を取り入れ、室内の汚れた空気を排出することができます。
    一般的に「C値」の表示で評価される「気密値=家の隙間の少なさ」ですが、
    正匠の家は世界的基準値以上でもある「C値=1.0cm2/m2」以下を目指し全棟気密測定を行っています。

24時間換気システム

室内の空気環境をコントロールする。

住宅の高断熱高気密化にともない増加した、シックハウス症候群の問題を解決するために義務付けられた「24時間換気システムの設置」。
「24時間換気システム」とは、室内の空気をファンなどの機械を使って計画的に入れ替え、常に新鮮な空気を維持するためのシステムです。
(2003年の建築基準法改正で規定されました。)

現代の家づくりにおいて「24時間換気システム」は、健康な暮らしと省エネのために欠かすことのできないものとされています。
花粉や埃の侵入を防ぐ効果もあります。

正匠の家は、「外断熱・二重通気工法」「高気密性」「24時間換気システム」の組み合わせにより、
効率のよい計画換気を行い、室内の空気環境を保っています。

快適で心地よい空間を作るために、この3つを組み合わせを、正匠の家の「基準」としています。

素材選び

優しい家づくりの必須項目、室内のものは人に優しいものであること。

私たちがこだわる「素材選び」は、優しい家づくりの一部です。

住宅の高気密化に伴い、住宅で使われている素材が人へ影響を与えることが多くなりました。
建材などの素材から揮発する化学物質にさらされることが原因で、シックハウス症候群を
発症する方もいらっしゃいます。

そのため私たちは、人体へ悪い影響を及ぼす可能性が少ない素材をご提案しています。
特に、無垢の木や漆喰、炭などは、自然素材ならではの力も魅力的で、
調湿や脱臭なども期待できます。
自然素材の力は意外と見落とされてしまいがちですが、とても重要なものです。

ご希望の方には、そういった素材を使ったオリジナルの家具作りも行っています。

 

素材選び

少エネ

少ないエネルギーで暮らす。

正匠の家は、「省エネ」ではなく「少エネ」という考え方を大切にしています。

つまり、省くのではなく、もとから少ないエネルギーで暮らすという考え方です。

そのためには、土地にあった機能性や素材、自然の力を活用する術、
素材の持つ力を生かす知識が必要です。

例えば、夏の陽よけに役立つ「下屋(げや)」のようなデザイン / プランも活用します。
省エネ家電に頼るのではなく、家そのものが少エネに役立つ作りになっています。
理にかなった先人たちの知恵や技に、新しい技術や機能性を理解して適切に組み合わせていく。

そんな積み重ねが、「少ないエネルギーで暮らせる家」を実現します。

少エネ

耐震及び地盤保証

家の資産価値を高める。

丈夫で資産価値の高い家をつくるために大切なのが、耐震と地盤への配慮です。

正匠では、地震の揺れに耐える「剛性」と揺れを吸収する「柔性」、この相反する2つの特性を両立させた、最新型の制震システム「木造専用の耐震+制震装置」を導入しています。

そして、正匠で家を建てていただくお客様には、地盤調査保証20年・地盤改良保証30年を実施しています。地盤改良工事には、六価クロムなどの土壌汚染の心配のない工法で「オーガニック地盤保証」に対応しています。

耐震及び地盤保証

検査と保証

第三者機関で確かなチェックを。

正匠の家は、新築物件もリフォーム物件も第三者機関であるJIO(日本住宅保証検査機構)による検査を受けています。プロの目で公平なチェックを、基礎工事完了時と柱・壁が建った時点の2段階で行ないます。

この検査に合格することで、10年の間に基本構造部分の施工に問題があり、修理が必要となった場合、その費用の一部が補填される保証を受けられます。

防水下地検査は任意の検査になっていますが、ここは雨漏りをさせないと言う大切な部分ですので費用は弊社負担で全棟行っています。

検査と保証

アフターメンテナンス

末長く家を見守ります。

正匠では、アフターメンテナンスも大切にしています。

家は、出来てからがその役目を果たすものです。
家が建った後の状態を把握しておくことも、大切なことだと考えます。
(一緒につくりあげた施主様とお会いするのも楽しみです。)

1年点検と2年点検は、多くの目でかつ専門的な目でチェックできるよう、工事に携わった業者も同行します。その後は、定期訪問によりアフターサービスを行なっていきます。

アフターメンテナンス

素材や性能などの コアな情報をお届けする「まじめマガジン」